2017年3月24日金曜日

いいことひとつと、悲しいことひとつ



きのうは、一人でお昼ごはんの時、
ラジオをつければ、
例の悲しいニュースの話が、きこえました。
ロンドンで、また。
悲しくて、涙がでてきてしまいました。

フランスの高校生が、修学旅行で、
ちょうど、ロンドンに行っていたそうです。
かわいそうに、けがをした生徒さんが。

そして、私も、あるピアノの生徒さんのことを思います。
うれしそうに、
「来週は、ロンドンに、学校で旅行するので、
お休みしま〜す」と言っていました。

さいわい、彼女は、大丈夫そうだけれども、
その時、ロンドンのどこかに、いたはずです。
きっと、その学校でも、旅程をきり上げて、
急いで、帰ってきたのだと思います。

あんなに楽しみにして、目がキラキラとしていたのだから、
その帰り道は、
どんなだったのだろう、
楽しみにしていた分だけ、心はざわざわとしているだろう、
親御さんは、どんなに心配しただろう、
などと、
想像すればするほど、
悲しいですし、くやしいです。

人を傷つける、というのは、
ほんとうに、いやなことです。
そういうことが、なくなったら、いいのに。

とはいっても、
私だって、言葉などで、
傷をつけているかもしれない、です。

*****

悲しいこと、ひとつ、
それから、
きのうは、いいことも、ひとつありました。

長めの、巻スカートを縫ったことです。
それが、うれしくてしかたないです。

私は、縫いものはしますが、
テクニックが、いまいちです。
だから、外に出て着ていくものは、
作ったことがありません。
あまりにも、「でき」が、いまいちだからです。

ですが、
どうしても、巻きスカートが欲しかったのです。
どこをさがしても、売っていないので、
作るほかありません。
この私にも、かんたんに作れるように、
そして、ラインがきれいに出るように、
知恵をしぼって、設計しました。

そして、
どうして、こんなに着ごこちが、いいのか、
気づいたことがあります。
巻きスカートは、着物の感じがするのです。
またしても、日本的。
着物。

あの足さばき、
やさしくお腹を支えてくれる感じ。

それに、ちょっとくらい太っても、
ごはんを、たくさん食べたあとでも、
お腹が、きゅうくつにならないです。
ちょっと、ひもをゆるめればいいのです。

あぁ、そうか、
これは、いい、
これからも、どんどん作ってみようかと、
思いました。


きょうも、読んでくださってどうもありがとうございました。
↓ 応援クリックしていただけたら、うれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年3月20日月曜日

日本的、フラワーパワー


この地方では、
どんな季節でも、だいたいお花は咲きます。
年中、お花のある生活ができます。
花の好きな私にとっては、うれしいことです。

でも、今は春。
花の季節です。
まだ寒いですが、
いろんなところで、花、花、花が、
咲き始めています。
私は、うれしくてたまりません。

そういえば、
きょうは、春分の日ですね!


街の中では、
桜だか、リンゴだか、スモモだかよくわかりませんが、
たくさんの木が、お花を、咲かせています。
くもった空の下、
ぼーっと、うす光るような、花は、
まさに、「かすみか雲か」という感じです。

日本だったら、
絶対に、お花見の対象になるはずです。
その木の元に、ゴザをしいて、
お酒を飲む人だって、いそうです。
お菓子やさん、パン屋さんだったら、
お花をテーマに、
いろんな売り出しをするのではないかしら。


こちらの人たちは、そういう習慣はありません。
みなさん、素通りしています。

私は、ことあるごとに、カメラを取り出しては、
シャッターを切ります。
それが楽しくてしかたないです。

先日も、そんなことをしていると。
すると、
じろじろ見ている人がいるようなのです。
あっ、と気がつくと、
それは、友人でした。

「いったい、なんでまた、
花の写真なんか撮る人がいるのかな、って、
見てたんだよ。
あ、日本人だなぁ、やっぱり、と思ったら、
なんだ、君だったか」と。

それにしても、
「花の写真なんか」っていうのは、おもしろいです。
そのあたりが、カルチャーギャップです。
「日本人だなぁ、やっぱり」というところも、
おもしろいです。

これは、一種の人種差別です。
でも、こんな風流で詩的な差別なら、どうぞ、どうぞ、
どんどんしてください、と言いたくなります。


街中には、
あまりステキとはいえない、近代の建物もあります。
それをバックに、
それでも、毎年、毎年、変わらず、
だれから見られていなくても、
見られていても、
木々は、ステキな花を咲かせてくれます。

頼もしくて、敬服してしまいます。
それに、見ているだけで、わくわくします。



けさは、
植え込みの、花の手入れをしました。



すると、
ナメクジが、花の中にでれんと眠っていたりします。
花をやられてしまって、口惜しくなるのですが、
考えれば、
花を食べて生きる動物なんて、
ほかに、あるのでしょうか。
呑気ですし、風流なようにも思えます。

それに、
日本では、花泥棒は、罪にならない、と、
聞いたことがありますよ、ナメクジ君。

(でもまぁ、うちでは遠慮してね)



それでは、
これから仕事に行ってまいります。

みなさん、ステキな春分の日を、おすごしください。
きょうも、読んでくださって、どうもありがとうございました。

↓ クリック応援、していただけたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年3月16日木曜日

おせっかいな、フランス人


ご存じの方も多いでしょう、
フランスでは、あいさつの時は、
握手をするか、
さもなければ、
左右のほっぺに、チュッ、チュッ、と、キスします。

チュッ、チュッ、と2回の時もあれば、
場所によっては、チュッ×3かもしれないですし、
ロワール地方なんて、×4です。
パリとちがって、のんびりしてるのかもしれません。

さて、
カゼをひいた人が、チュッ、とやるのは、
うつしてしまったりしますから、申し訳ないです。

私は、まだセキをしているので、
「遠くから、ボンジュールを言いますね」と、
キスをお休みしていることを伝えます。
すると、

どうしたの?
カゼ?
あらまぁ。

と、すぐ話題がそっちに行きます。

ちゃんと、お医者さんにみせたか、
とか、

自然療法でやってるか、
(抗生物質はいけない、という意見らしい)
とか、

さらには、
「ニガリ」をのんだらいいわよ。
免疫がつくから。おかげで、
うちの子たちは、ぜんぜんカゼひかなかったわ。
と教えてくれる人までいます。
へぇー、豆腐のニガリ?!と感心しちゃいます。

ちょっと独特なタイプでは、
ちゃんと、レントゲンを撮ったか、と
心配してくれる人もいます。
この人は、肺炎か結核を心配してくれてるみたいです。
まさか、そこまでしなくても〜と、思います。

ひょっとすると、家族に、
こっち方面をわずらった人がいたのかもしれない、
などと、想像してしまいます。

みなさん、
おしゃべりで、
ほんとうに老婆心というか、
おせっかいというか、
ありがたいというか、
くたびれている時は、ちょっぴり苦笑してしまいますが、

ですが、ですが、

今でこそ、
フランスの生活に慣れてきて、
素知らぬ顔をしていますが、
初めてこの地をふんで、しばらくは、
このフランス人の「おせっかい」が、どんなにありがたかったか、
思い出します。
しばらく、といっても、
何年間も、です。

もう思い出せないほど、
細かい毎日のこと、
お役所のこと、
言葉のこと、買い物、食べ物、
自動車の乗り方、などなど
何から何まで、
みなさんに教わって、
手を貸してもらったのです。

だから、私は今でも、
あっさりと、
「おかまいなく」なんて、
なかなか言えないです。

ところで、冷蔵庫に、こんな物を見つけました。
「ポピーのジュレー」。
ずっと忘れていたのです。
長女が、父親に、とプレゼントしたものです。
一口、スプーンで味を見てみると。

ほのかな、やさしい味が、のどにぴったりきて、
体が、じーんと温かくなりました。
いったいこれは何、と、
あわてて、調べてみれば。

セキに、よく効く、ということです。
ここからそう遠くない「レ島」産です。
ひなびた島。
朱色のポピーがたくさん、雑草みたいに
畑をおおっている「レ島」。

おぉ、
我が娘よ。
私たちは、
あまり味のしないジャムだと思ってました。
健康を思って、プレゼントをしてくれたのに、
知らなかった。
ごめん。

朝晩、スプーンで一口。
なんとなく、
セキは、出なくなったような気がします。


きょうも、読んでくださってどうもありがとうございました。
↓ 応援クリック、していただけたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


2017年3月14日火曜日

また、やりなおし

日曜日は、
縫い物をして、楽しみました。
とってもいい生地があったので、
それを使って、春らしいバッグを作ったのです。

ところが、
できあがってみると、
自分が想像していた形ではないのです。
気のせいかと思っていたのですが、
しばらくして、設計図とくらべてみると、
10センチ足りない部分が!

バッグの底辺が、10センチ足りないというと、
かなりの誤差です。
それじゃあ、思っていた形にならなくて、あたりまえです。

と、納得すると、少しは気がおさまるのですが、
でも、つまらない気持ちはのこります。
月曜日は、生地屋さんは、お休みだから、
次の日まで待って、
また、やりなおす、ということになります。
一からやりなおし、です。

がっかりしますし、めんどくさいです。
それでも、やりなおします。

ずいぶん、執念深い、と自分でも思います。
でも、もともと、
自分の自由な勝手なシュミでやってることです。
「これ!」
というものができあがらなくては、意味がないのです。


あまりに、がっかりなので、
どこで、どう、まちがえたのか、
いろいろ、さがしてしまいます。
あれこれ、思いめぐらしてみますと。

どうやら、
例の、50センチものさしを、
ちゃんと、使えてないようなのです。
竹の、あの、日本のものさし、です。
あそこで、読みちがいをしたようです。
自分でも、情けなくなります。

遠い昔、
ランドセルには、
いつも、竹の30センチのものさしが、飛び出ていました。
毎日、使ってたかもしれない、あの、ものさし。

数字が書かれてなくても、
サイコロの目のように、赤、黒、と印があって、
それが、リズミカルに並んでる、竹ものさし。
10センチ単位で、じょうずに読んでいたのに。

その「10センチ」を読みまちがえたようなのです。



まちがい、といえば、
ぬいもので、私はすぐ、まちがえます。
しょっちゅう、やりなおしをしています。

まちがいに気づく。
がくぜんとする。
ほどかなくてはならない。
そして、また、やりなおし。

これほど、じれったいものはないです。

それでも、やりなおすのですが、
まぁ、
どこにも売っていない、自分だけのシュミで、
いろいろ作れるのは、楽しいです。



カゼも、ようやくぬけてきました。
きょうはこれから、おでかけです。
お向かいのおうちには、モクレンの花が、
開き始めています。
春らしい一日になりそうです。

きょうも、読んでくださって、どうもありがとうございました。
↓ クリック応援、ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年3月10日金曜日

木の卵は、もう見かけない


きのう、とてもがっかりしたことがありました。
春のセーターを、久しぶりに着ようとしたら、
すそのあたりに、穴がいくつかあるのです。
虫にやられたようです。

とても薄くて、なかば、透きとおっているセーターです。
ですので、
ブラウス類といっしょに、
ハンガーにかけておいたのです。
それが、いけませんでした。
ブラウスのゾーンには、
虫よけの薬を、入れてないからです。

その下の方には、靴みがき用の、
古セーターの、はぎれがあるのです。
それを食べてくれれば、ぜんぜんかまわなかったのに。
でも、その厚手のセーターではなく、
このやわらかいセーターを、食べたのです。

「むしゃむしゃ。
うすくて、やわらかくて、おいしい〜」
なんて、思いながら、虫は食べたのでしょうか。
にくたらしいです。


けさは、それをつくろいました。
苦心して、いったん、できあがったのに、
糸の色が明るすぎて、目立ってしまって。
それで、また、やり直したり。

ずいぶん時間のかかる作業ですけれど、
どうしても、このセーターは着たいのです。
がんばって、やりました。

そして、
遠い昔、昭和時代の、
くつしたのツギあてを思い出しました。
どうしてか、私のくつ下は、すぐに穴があきました。
親指の爪のところです。
ですので、ほとんどのくつ下に、
ツギあてが、ありました。

私は、それがイヤでしかたなかったです。
日本では、お友だちの家にあがれば、
くつをぬぐわけですから、
そのたびに、恥ずかしくてしかたありませんでした。

でも、今、
ツギあてをしてくれた母のことを、思います。
苦労かけてたんだな、と思います。

これも、どうしてか、わかりませんが、
今では、くつしたに穴があかなくなりました。
もし、あく時は、本体も古くなっています。
オダブツになります。
ですから、ツギあては、しません。
やり方も、知りません。

フランスでは、土足でよそのお宅に入りますから、
ツギがあって、恥ずかしいことは、もうないのに。

とはいうものの、
フランスでも、一昔前は、ツギあてをやっていたな、と、
思い出しました。
さいほう箱には、たいてい、
木でできた卵が入っていました。
それで、ツギあてをやるのです。

お世話になった、
夫のおばあちゃん、おかあさんたち、
みなさん、もういなくなってしまったけれど、
その卵で、なつかしく思い出したりしました。

もう、お店では
木の卵は、見ません。
時代が変わったな、と思いました。


しぶとかったカゼも、だいぶ治ってきました。
けさは、久しぶりに、
ロワール川ぞいを歩きましたところ。

カエデかなにかの種が、芽をふいていて、
これは、まるで「トトロ」の世界だと思ってしまいました。
(映画「となりのトトロ」)

かわいらしいですし、
元気が、シューシューわき出てくる感じで、
とってもステキでした。

きょうも、読んでくださって、どうもありがとうございました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年3月8日水曜日

桃やアンズの節句 


もう3月になるというのに、
まだまだ寒いです。
おまけに風がふいたり、雨がふったりして、
しんしんと冷えます。

久しぶりに、電車に乗ってみたところ、
窓からは、桃だの、アンズ、野生の梅、スモモのたぐいが、
すっかり満開でした。

とってもきれい!

濃いピンクや、
淡い白、
ぼやっとした桃色など、それぞれちがって。

女の子らしい、と思います。
「桃の節句」を、思いだします。

「なんとかの節句」なんて、
東洋では、
ずいぶん味わい深いコトを決めて、
きれいなものを、めでていたのだなぁと、感心します。

わが家にも、
お花が咲きました。
梅と似ていますが、でも、香りは、
ぜんぜん、違います。
「西洋らしい」と思ってしまう香りです。
(ハチミツのような香り)

梅のあの香りは、まねできない(?)。

マリュースといって、
運よければ、
さくらんぼのような形で、
歯ざわりはリンゴ、というような実がなります。

といっても、食べる部分は少ないです。
丸ごと、お菓子に入れて、焼いたりすることもあります。
実がなるのは、夏。
あのお菓子の味を、思い出します。

夏のひざしが、ちょっと恋しいです。

きょうも、読んでくださってどうもありがとうございました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


2017年3月6日月曜日

カゼの効用


カゼをひいて、
それが治って、
体が、リセットされたような気持ちになったことがあります。

ですから、今回のカゼも、
すっかり治れば、リセットされた、すがすがしい気持ちに、
なるかもしれない、と、楽しみにしています。
今回のは、ずいぶんしつこいみたいですが、
もうだいぶ、よくなりました。

カゼをひいて、
体を動かすのが難儀なとき、
いつも、ふつうにやっていることが、
ものすごく大変に思えました。
生活するために、しなくてはならない、
あたりまえのこと、
たとえば、洗濯にはじまって、週一回の肥料やりなど、
あらためて、
いつも、こんなにたくさんのことをやっていたのだ、と
びっくりしました。

もう少し、自分に感謝(?)
というと、おかしいですが、
その苦労を、認めてやってもいいかな、と思ったりしました。

体が難儀なときのこと、
もうひとつ。

そういうときは、
何でも、ゆっくりやらねばなりません。
せっかちな私には、かなり、じれったいことです。
が、それに慣れてくると、
静か〜な気持ちになるのもたしかです。

家にいて、大したストレスもなかったので、
だんだん、お風呂につかったような、
のんびりした気持ちになりました。
肩の力がぬけて、いい感じなのですが。

さて、仕事に戻って、
ふつうの生活に戻ったら、この肩は、どうなるのかしら。
できたら、このまま、のんびりした肩のまま、
やっていきたいけれど。


家にいるあいだに、今回は、
たまっていた縫い物を、しました。
それが終わって、すっきり。
そのことは、また、書くかもしれません。

きょうは、雨ふりで、風もよくふきます。
窓辺の植物が、そわそわ、落ち着かない様子です。

あしたは、また、ふつうのリズムに戻る予定です。
きょうもまた、
読んでくださってどうもありがとうございました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村